BUDX TokyoのプログラムにTigaとANARCHYが追加に

MixmagとBudweiserによるBUDX、次の経由地は8月29日から31日まで ネオンの光溢れるメト ロポリス東京。

三日間に渡り、革新的な日本のファッションや東京の映画産業、メディア・デザイン、90年代クラブ・カルチャーなどを題材に数々の講演やワークショップが展開される。

充実した講演に加え、東京屈指のセレクターや世界各国から一目置かれるアーティストたちが集結し毎夜パフォーマンスを繰り広げる。

決定しているラインナップはUKのビート・コンダクターMura Masaや日本テクノ界の権威、石 野卓球、LAを拠点に活動するアーティストMija、そして創造力の権現Seihoなど。本日発表と なる第二弾アーティスト陣と合わせると、これまで東京で開催されたことがないほどの規模感 となる。

海外からのヘッドライナーとして最後の発表となるのは、ダンス・ミュージック界でもひとき わ異彩を放つTiga。カナダ人にしてイベント大トリの常連は、運営するレーベルTurbo Recordsと共に20年間、クラブランドに極上の音楽を提供し続けている。Tiga James Sontagは 、シルクのような楽曲と革新的なレーベル・キュレーションの手腕を通して、 そのクラブ・ミ ュージックへの精通ぶりを度々証明してきた。

さらに駄目押しとして、今日本で最もエキサイティングなラッパーを3名ブッキング完了。い ずれも日本のヒップ・ホップ・シーンにおいて、持ち前のリーサルなリリックでフロアを魅了 し続けている。まずは高校生ラップ選手権で注目を浴び、昨年デビュー・アルバム『Sacula』 をリリースした若干21歳のWILYWNKA(ウィリーウォンカ)。続いては、トラップの影響を 色濃く受け、彗星の如くシーンに登場したMC Leon Fanourakis。その奇抜なフロウとスタイル でシーンを席巻中だ。そして最後に、日本のヒップ・ホップ・レジェンドANARCHYの登場だ 。レーベルR RATED Recordsの主宰であり、RUFF NECKの一員でもある同氏は、日本のヒッ プ・ホップ・シーンを、その誕生の瞬間から形作り牽引し続けている。

BUDXTOKYOチケット申し込みはこちらから

Load the next article

You may also like...